申し込む前に知っておきたいアコムの審査

アコムの借入に対し不安解消した女性

大手消費者金融の1つであるアコム。日頃テレビで見かけるCMのおかげで、「カードローンで選ぶならココかも・・・」なんて思っている人が多そう。

今回はそんな『アコムの審査』『アコムの金利』について解説しているよ。

これを読んでおけば、審査がどういったものなのか?イメージできるようになってます。また、「アコムの金利は高いんじゃね??」と思っている人やお金を借りる前にシッカリと返済についてが分かるようになる。
プレっち

アコムの審査基準って甘いって聞いたんだけど

審査に必要な書類があって、上手くいけば即日融資してもらえる可能性のあるアコム。

そんな審査時間が早いから、「もしかして審査基準って甘いんじゃないの?」と勘違いする人がいるかも。

アコムは自社で審査するんですが、みっちりやりますよ、みっちり!ただ審査の手際がパないだけというのが本当のところ。

申し込む人の属性にもよるけど、初めての人ではなかなか高額融資は引き出せないという意味では、厳しめのカードローン。

あとは基本的なこととして、

融資申込時の年齢が20歳から69歳までである
安定した収入がある
はじめてアコムに申し込む

という条件を満たしていないと、アコムの審査には通らない。。
無職では無理で安定した収入さえあれば、派遣社員、パート、アルバイトでも申し込める。

あと専業主婦では無理だけど、働いている主婦の人ならばもちろん融資の申し込みは大丈夫。

用意しておきたい必要書類

いくら審査時間が早いといっても、審査に必要な書類が揃っていないとお話になりません。まず絶対に必要なモノが、

審査に必要な本人確認書類

証明書

まず運転免許証。これがない人は、パスポートか健康保険証。記載されている住所が現住所と異なる場合、現住所が明記されている公共料金などの領収書も必要になるので憶えておこう。

運転免許証があれば申し込みできるけど、実際には申し込みで所持している保険証を記入するところがある。何の保険証なのかも事前に明確にしておくと申し込みがスムーズに進む。(例:社会保険、組合保険、共済保険、国民保険など)

収入証明書は必要か?

申し込み時にアコムに伝えるあなたの収入は、あ・く・ま・で・自己申告。1番確実に証明するなら、給与明細書や源泉徴収票などの収入証明書を提出すればOK。

まあ、なかには色々な諸事情でソノ証明書が用意できない人もいるでしょう。そんな人は、証明書が必要ない以下の条件を知っておこう!

証明書なしで大丈夫な条件
アコムでの融資希望額が50万円以下
アコム以外の業者からの借入総額が100万円以下

やっぱりある程度多額の借入になると、実際の収入を目で確かめたいというのが、業者のホンネ。

上記の条件を満たせば、証明書を提出する義務はない。

ないけど、たとえばあなたの融資希望額が20万円だった、としましょう。でも審査の結果、融資額が10万円に決定。

この場合、どうしても20万円の借入がしたいあなたに対して、「収入証明書を提出すれば、融資額を20万円にしますが・・・」といった感じでアコムからの申し出は、ぶっちゃけアリます。

アコムの審査は会社に電話をするの?

ネットから申し込みを済ませるとまず、登録したあなたの携帯に本人確認の電話がかかってきます。

そしてひと通り契約についてオペレーターから説明を受けた後に、あなたの所属する勤め先にアコムから電話が行きます。これが『在籍確認』というもの。

これも収入証明書と同様に、諸事情で「会社に電話されるのは困る」という人にとっては、出来ることなら回避したいモノ。

そんな人にとって、残念ながらアコムでは在籍確認が絶対条件です!借入するなら避けては通れません。

どうしても在籍確認は無理!という人は、他社を考えてみては?

:参考ページ⇒「勤務先連絡なしのカードローンなんて実在するの?」

審査時間が最短30分でできるのは?

お金が急に必要な人にとっては、申し込みから契約、そして実際にお金を手にするまでの時間が早いに越したことはない。

そこでまず申し込み。方法としては、全部で3つ。インターネット・電話・窓口/むじんくん

どれも同じ審査時間ではなく、最短30分でできるのは

インターネット
電話

からの申し込みだけ。
だから本当に急いでいる人は、このどちらかが選択肢になる。

どちらも方法をこれから伝えますけど、ネットからの方がお金もかからないし、断然面倒でないことは確か。

インターネットからの申し込み
申し込みの流れどんなことがあるの?
WEBからの申し込み24時間ネットから申し込みができる
申し込みは⇒ここから
WEBから記入項目へ情報を登録していく
申し込み説明申し込みが終わると、アコムのオペレーターから携帯に電話がくる。時間帯は、9時から21時のあいだ。
本人確認書類を送信電話の後に、あなたの本人確認書類をアップロード、FAX、アプリで送る。この後に本審査があり、在籍確認も行われる。
契約無事審査を通ると「契約手続きのお願い」というメールが届く。契約内容を確認後、同意する。ちなみに、契約確認の内容はメールが届いてから22時までに確認すること。
お金をゲット契約が済むとアコムの会員サイトにログイン出来る。そこで融資の振込手続きをする。これで晴れてお金が手にはいる!

ちなみにカードは、郵送だと手にするまで時間がかかる。急ぐなら店頭か無人契約機まで受け取りに行くと即日でカードが手に入る。

電話からの申し込みには2通りある
電話からの申し込み①
申し込みの流れどんなことがあるの?
電話からの申し込みアコムに電話することで簡易審査が始まる。なので、答えなくてはいけないことなど前もって考えておき、言葉に詰まることのないよう心の準備をしておく必要がある。
電話からの申し込み一旦電話を切った後、さらに審査が行われる。そして折り返しの電話で、担当者から審査結果が伝えられる。この時にお金がすぐ必要な人は、担当者にあなたの振込先口座を伝える事を忘れないようにしよう。
本人確認書類を送信ネットかセブン-イレブンで契約書類一式を手に入れる。ちなみにセブン-イレブンの場合、コピー機の「ネットプリント」という項目を選択し、予約番号に「ACOM0001」と記入して用紙を手に入れる。
本人確認書類を送信あなたの本人確認書類のコピーと一緒に、記入の終えた「個人情報取扱同意書」、「契約事前説明書」、「申込受付票」、「AC会員規約(抄)3枚」、「ご案内書類のFAX送信について」をFAXで送る。FAXやプリント費用はあなたが支払わなくてはいけません。
契約FAXした書類が無事届き、契約が終了すると担当者から連絡が来ます。
お金をゲット事前に振込先口座を教えていた人には、そこへお金が振り込まれます。カードは契約後、だいたい1週間位で自宅に届きます。

ちなみに即日でお金が必要な人は、平日の14時までに書類をFAXで送信済であることが条件!

電話からの申し込み②
申し込みの流れどんなことがあるの?
電話からの申し込みアコムに電話することで簡易審査が始まる。なので、答えなくてはいけないことなど前もって考えておき、言葉に詰まることのないよう心の準備をしておく必要がある。
店舗一旦電話を切った後、あなたの自宅近くにあるアコムの店舗、または無人契約機=むじんくんまで行く。その際は本人確認書類も持参する。そして契約をする。審査の結果が出るまで待つ。
契約審査に通ったら、すぐにその場でカードが発行される。
お金をゲット発行されたカードを使い、店舗などのATMでお金を手にすることが出来る。

こちらの方法では即日でお金が手にできるかどうかは、店舗や無人契約機の営業時間帯によって左右される

店舗は平日の9時半から18時まで(土日祝日休業)※1。無人契約機は9時から21時まで(年中無休)※2

※1一部例外の店舗は19時まで。※2年末年始を除く。 一部例外の無人契約機は21時半まで。

アコムの金利はどうやって決まるのか?

アコムの詳細
利用限度額返済方式利息
1万円~500万円定率リボルビング方式年4.7%~18.0%
最低利息は、利用額によっては決まらない

上記を見れば、1万円から500万円まで借入できるというのが分かる。そして次に利息を見ると、4.7%~18.0%とあるので、500万円の借入なら4.7%の利息なんだと思っちゃいますよね?

たとえばみずほ銀行カードローンなら、利用限度額最高の1,000万円であれば、利息は最低年率の4.0%が必ず適用されます。

ところがアコムの場合、利用限度額最高の500万円であっても、利息は最低年率の4.7%が必ず適用されるという訳ではありません。

実際には、借りる人の利用履歴や属性によって、利息幅から適切な数値が適用されるんです!

また、利用限度額によって最低利息年率は変わらないけど、最高利息年率には変化があるんですよ。

最高利息年率の適用条件
利用限度額利息
1万円~100万円未満年4.7%~18.0%
100万円~500万円年4.7%~15.0

アコムの金利0とは?

アコムの金利について解説してきたけど、金利0で借入ができちゃうこともある。もちろん期間はずっとじゃない。融資契約日の翌日から30日間だけ。

それでも利息という収益がないことは、業者にとってはオイシくない。ということからも金利0で借入できるには、それなりの条件がある。

金利0で借入できる条件
アコムでの借入がはじめての人
「35日ごとの返済方式」を選んだ人

上記2つの両方が満たされた場合のみ、金利0で借入ができる!

まあ1つめの、はじめての人は分かる。けど、もう1つの「35日ごとの返済方式」って何なのか分かりづらい。

アコムで選べる返済方式は3つ

返済をする方式として、3つの選択肢がある。

  •  35日ごとが返済日
  •  毎月指定日
  •  口座振替
35日ごとが返済日の場合

さっき話した金利0で借入出来る条件の1つ。前回返済した翌日から35日目が返済日というモノ。

なぜ業者がこれを指定条件にしたのか?金利というものが分かっている人には、自然と笑みがこぼれる仕組み。

たとえば月1の30日ごとに返済している人に比べ、1年間の返済期間であれば、丸1ヶ月以上の利子がかかる。つまり業者にとってオイシくなる。

もちろんこれは、初めてですべての借入を30日で返せば利子は発生しない。あくまで長期に渡っての取引を想定したものなんだ。

35日ごとに返済するメリットは、30日周期に比べ、3,4日ほど支払いの日数に余裕があること。デメリットは、その日数分の利子を余計に払わなくてはいけないこと。

毎月指定日の場合

これは単純にあなたが月1回の返済日を固定して決める。例えば毎月の給料日が25日なんで、支払いが楽な翌日26日を毎月の返済日と決めるみたいな感じ。

この毎月指定日にはいくつかの注意点がある。

まずは、いつもより早めに返済をする時。例えで選んだ26日が返済日であったなら、13日以降に返済するようにしよう。返済日前の2週間内での返済。そうでないと今回の返済は、毎月1回の返済とは認められずに繰り上げ返済とされる。つまりもう1度26日に返済しなくてはいけない。

次の注意点は、追加で借り入れした場合。

返済日前に追加で借り入れしたなら、気分的に早く返さなくても良くね?と思いがち。そうであっても現実には、毎月あなたが決めた返済日に必ず規定のお金を返さなくてはいけない。

口座振替の場合

毎月6日にあなたの口座から引き落としで返済されるもの。引き落としがされるのは、先月の21日から今月の20日までの利用額に応じた返済額。

口座引落しならば、忘れにくさもあるので便利。また、繰り上げ返済はいつでもアコム窓口やATMで可能。

では実際にどういった返済方法があるのか

口座振替以外の返済方式を選んだ場合、どういった方法で返済って出来るんだろう?

選べる返済方法の違い
返済方法手数料対応日、時間
インターネットバンキング0円24時間365日
アコム窓口・ATM0円各店舗営業時間による
提携先金融機関・コンビニのATM※11万円以下110円
1万円超220円
各店舗営業時間による
振り込み利用する振り込み機関による各店舗営業時間による

※1提携先金融機関ATM 東京三菱UFJ銀行・三井住友銀行・イオン銀行・セブン銀行・ゼロバンク・東京スター銀行・北海道銀行・北陸銀行・福岡銀行・八十二銀行・広島銀行・西日本シティ銀行・親和銀行・熊本銀行・第三銀行・クレディセゾン

※1提携先コンビニATM イーネット・ローソン・セブン-イレブン

まず1番便利なのが、インターネットからの返済。ネットであれば、家から外出せずに時短で無料。

そんなネットからの返済で気をつけたい点が2つ。

1つは、ペイジーを使ったものでPCならD大丈夫だけど、携帯の機種によってはネットで返済できないものある。

もう1つは、利用した金融機関の記帳で『PEDfacネットフリコミ』と表示されること。もしもあなたが借金について家族などに内緒にしたいなら、言い訳を上手く考えるかネットでの返済を選ばないこと。

はじめの人の頼れるカードローン>>> アコム