債務整理後の借り入れができるようになるのはいつ?

債務整理後の借り入れ

「もう二度と借金はしないと決めたけど。。」

過去の過ちを反省し、貯蓄に励む生活を送る毎日。でもふと急な出費がかさんで生活が苦しくなった。またカードローンにお世話にならないと生活していけない。

今回は債務整理後だけど借り入れできるのか?また借り入れできるなら時期はいつ?どうやってか?を解説しているよ。プレっち

融資まで最短即日

即日融資

  • 大手消費者金融やカードローンの審査が通らなかった!
  • 来店不要・即日振込みキャッシング!

過去に自己破産・債務整理した人も相談可能!!>>>フタバ

債務整理後の借り入れ時期は債務整理の種類で決まる

たとえ過去に債務整理をしていたとしても、またローンやクレジットカードができないわけではない。債務整理をすることは犯罪ではない。犯罪者ではないけど、実際には執行猶予のように借金ができないという社会的制裁を受けることになる。

その債務整理後に受ける社会的制裁には、5年または10年という期間になる。あなたがまた借入できるのがいつになのか?そこが借入を考えている人には少しだけ混乱を招くポイントになっている。

債務整理の種類によって変わってくる。例えば、債務整理にも任意整理、個人再生、自己破産という種類がある。

任意整理と個人再生の場合は借金が消滅することはなく、減額されながらも返済を続けるもの。この返済期間が原則3年で最長5年で完済を目指すもの。

3年で完済したならば、任意整理後の借り入れができるのはそれから5年後になる。完済後から5年という期間が過ぎてからようやく申し込みができる。

個人再生も3年または5年で完済したならば、個人再生後の借り入れができる。ただしこちらは完済後から10年という期間が過ぎてからになる。

任意整理や個人再生と違い、自己破産では免責が認められると借金の返済がなくなる。ということは返済期間というものがない。その代わりに裁判所からの免責許可決定というものが下りる。その決定が下りてから個人再生と同じく10年いう期間を経て、自己破産後の借り入れができるようになるんだ。

債務整理後の借り入れ時期を決定しているのは何か?

ブラックリストや事故情報と巷で呼ばれるものの存在は知っていると思う。その情報が掲載されているのが、個人信用情報機関というもの。そこでの情報の保管期間によって借り入れ時期が決まる。

国から指定された信用情報機関については以下の表を見て確認してほしい。

信用情報機関名情報保有期間情報の登録・照会をする業者
全国銀行個人信用情報センター10年金融機関
CIC・JICC5年貸金業者

全国銀行協会(全銀協)というところが運営しているのが、全国銀行個人信用情報センター。銀行・信用金庫・農協などの金融機関が情報の登録・照会をしているところ。

(株)シー・アイ・シー(CIC)と(株)日本信用情報機構(JICC)に情報の登録・照会をしているのが、消費者金融・信販会社などの貸金業者になる。

なぜ情報の保有期間に5年と10年という違いがあるのかといえば、【官報】というものが関係する。官報という破産などの裁判があった出来事を掲載するものなんだけど、全国銀行個人信用情報センターでは官報の情報が記載されてから10年間情報を保管する。CIC・JICCでは官報の情報は保管しない。だから信用情報の回復期間に5年もの差があるんだ。

消費者金融が相手なら破産で免責したら5年後に借り入れできる?

上の表を見て「あれ?もしかして…」と思ったんじゃないの?

プレっち

カシテ美

フフフッ。分かります?

だって、たとえば消費者金融から借入していた借金を自己破産したとするじゃないですか?

それで免責決定してからすでに5年以上が経過していれば、CIC・JICCから破産したという情報は消えるハズ。

それなら、次の借入先としてCIC・JICCを利用しない銀行系カードローンに申し込めば大丈夫そうな気がします。

まあ、君のように考える人がいるのは想像つくよ。

でもね、その思惑は残念ながら儚い妄想になってしまうんだ。

プレっち

カシテ美

儚い妄想?ダメなの?私だけしか考えつかないスペシャルな作戦だと思ったのに…。
君が考えつくようなことは、みんなも同じく考える。

実は、銀行であってもCIC・JICCの情報を照会しようとすれば出来てしまうんだ。さらに消費者金融・信販会社も全国銀行個人信用情報センターにある情報を照会できる。

この情報のことを交流対象情報と言うんだけど、3つの信用情報機関でCRINという情報交流システムを利用してお互いにデータを共有で来ちゃうんだね、これが。

僕はCRINなんていう名前ではなく、分かりやすく「情報筒抜けシステム」と名付けるべきだと思うよ。

プレっち

カシテ美

情報筒抜け。。全然ダメじゃん。
それにほら、銀行カードローンの保証会社は系列や提携先の消費者金融。実際に審査するとなったら全部確認しない訳がないでしょ?

プレっち

カシテ美

ワタシ、考え浅はかー。

債務整理後の借り入れはまず信用情報を自分で開示

それでは実際に借入するときにどうすれば良いのか?「もう喪は明けたかな?まだかな?」なんて心配して眠れない日々を過ごすくらいなら、まずやるべきことがある。

確実に悩みを解決できるのは、あなたが債務整理をした先が情報登録する機関へ自分で開示すること。こうすることで白黒ハッキリできる。照会をかけることで失うものは、手数料としての小銭以外何もない。

確認をして履歴が消えていたなら、カードローンの審査に申し込みをしよう。そして例え債務整理の履歴が情報から消えていても否決なることが当然ある。その時のために心の準備が必要だ。」

「やっぱり債務整理したからだ。。」とガッカリするのは、ひとまず待とう。もしかしたら否決されたのは以下の理由かもしれないからだ。

否決されたのコレが原因なんじゃないの?という3つの理由
  • 単純に支払い能力が低い
  • 社内情報がブラック
  • スーパーホワイトで怪しまれる

それぞれの理由を1つずつ見ていこう。まずは理由1,の場合。これは債務整理していなかったとしても、審査に申し込んだら駄目だったというもの。

「いや、理由はそこじゃないんですよ!」というコッチの勘違い。収入を増やすとか希望限度額を減らすとか対策してから、別の業者に申し込もう。

次の理由2,の場合は、債務整理をした相手の会社にブラックリストが存在する可能性。

特に債務整理の話し合いであなたが選任した弁護士や司法書士が強引に解決へと持っていった場合なんかが該当する。カードローン業者だって人間だもの。例えお客であっても理性や論理だけでは片づけられない遺恨だってあるさ。

そんな場合は以下の表を参考に『今回否決されたところとは違う業者』に申し込むのも妙手だ。

保証会社系列・提携などで関係のあるカードローン名
アコム株式会社アコム三菱UFJ銀行auじぶん銀行セブン銀行・ソニー銀行
SMBCコンシューマーファイナンス株式会社プロミス住信SBIネット銀行・三井住友銀行
新生フィナンシャル株式会社オリックス銀行
オリックス・クレジット株式会社オリックス銀行・りそな銀行・イオン銀行
株式会社オリエントコーポレーションみずほ銀行スルガ銀行
株式会社セディナ楽天銀行・セディナ
株式会社東京スター・ビジネス・ファイナンス東京スター銀行

最後の理由3,の場合は、それぞれの情報機関での情報保有期間が終了すれば、すべて白紙な状態になる。

これはどういうことかといえば、今までの人生で一切借金を利用したことがない人と一緒になる。ある意味、未成年と同じ。でも実際の年齢は未成年ではない。年収も調べれば大体見当がつく。よほど裕福でない限り、カードローンじゃなく今までクレカでさえ手を出さなかったのはなぜなんだろう?と業者は疑うかもしれない。

この疑いがさらに強まっていくと、一つの仮説にたどり着く。「履歴がないのは債務整理をしたからじゃないのか?」という仮説。そうなると一瞬で目の前のシャッターが閉まることになるんだ。

結局のところ債務整理後の借り入れは業者次第

ここまで債務整理後の借り入れする流れを説明してきたんだけど、その通りにすれば必ず借入が出来るかといえば絶対はない。なぜなら5年や10年の歳月が過ぎるまで融資をしてはいけないという決まりもなければ、期間が過ぎたから融資しなくてはいけない決まりもないからだ。

つまり個別の業者ごとの判断1つで融資をするかを決める。例えば先ほどの「否決されたのコレが原因なんじゃないの?」の理由3、を危険人物ととらえる業者もいれば、逆にそうでない業者がいても不思議ではない。

債務整理中であるならまだ返済をしている可能性があるけど、債務整理後に期間が経てば負債はゼロ。「二度目がないように注意深く融資すればいけるだろう」と考える業者がいても不思議ではない。特に自社が過去の債務整理に含まれていなければなおさらだ。

ここまでのまとめ
  • 債務整理の種類によって借り入れできる時期が違う
  • 信用情報は筒抜けである
  • 借入をしようと決めたらまず自分で情報を開示
  • 借入の可能性は最後まで分からない