低金利のカードローンで返済を一本化するには

カードローン一本化

クレカのキャッシング枠リボ払いにしろ、消費者金融への支払いにしろ「今より金利が低かったら、月々の支払いがどんだけ楽になるだろうか?」という考えに至るのは凄く当たり前のこと。

今の現状を見直し何とか変えないと支払いのために他社から借金を繰り返し、結局自転車操業に陥ってしまうのが最悪のケース。ただそうは言っても、やみくもに低金利のおまとめローンで一本化すれば良いって訳でもない。借金をしている人によっては、借り換えは最適な手段にならないこともある。

低金利のカードローンを探す前にまず、おまとめローンがどういったものかをよく理解できるように分かりやすく解説しているよ。

プレっち

カードローンの借り換えを相談する前に知っておくべきこと

一生懸命ネットで低金利のカードローンを見つけて、借り換えを業者に相談する前に知っておくと良いことがある。

それは借入総額が少ない人ほど借り換えをする意味がないということを。

消費者金融から50万円とかの借入であった場合、年率が15%に近いものが殆どだ。それに比べると銀行カードローンの年率一ケタ前半とかはもう、ヨダレものになる。

でもそんなヨダレものの優遇金利が適用されるのは、高額融資に対してだけ。

借入総額が少ないのであれば、低金利が魅力の銀行カードローンであったとしても間違いなく十数パーセントの年率になる。

銀行カードローンでも15%以上が適用される場合もあるくらいだ。なので、もし高額融資でないのであれば、必ず金利の幅の上限を確認すること。

そして最悪、一番の上限金利で借り換えを打診される。おまとめローンは今よりもマシな金利で、納得できるものでなきゃ意味がない。

あとクレジットカードのキャッシング枠リボ払いが無駄に利息を払っている気がするから、お得な銀行カードローンに乗り換えようと考える人もいる。

でも銀行だってリボ払いだからね。

そういった漠然としたお得なイメージだけで一本化に突っ走ろうとする人が多い。しっかりとした情報を集め、そこで得た知識をもとに行動に移さないと無駄な時間が過ぎていくだけ。

その間にも利息はかかることを忘れないようにしよう。

カードローンをまとめたいと思ってもできない目安

では逆に2社、3社からの多重債務で借入総額が多ければ大チャンスじゃん!と思ってしまったあなたの性格がうらやましい。

それが残念ながら必ずしも上手くいくとは限らないんだ。少額融資の時に比べ、低金利が適用される可能性は大きい。

それでは何が問題なのかといえば、あなたが借り換えを相談しても、今度は業者に融資を断られるケースが増えてくるんだ。つまり新たに借りられないというコト。そうなってしまう目安が、年収の半分以上の借入総額

借金をしている人にとって、月々の支払額を抑えられるおまとめローンは救済処置。でも業者にとっては慈善事業ではナイ。あなたの借り換えをするというコトは、同業者から優良顧客を奪うという行為でなくてはいけない。間違っても他社が被るはずだった不良債権を肩代わりし、自社で焦げつくというのは絶対にあってはならない。

もし本当にそんなことになったら、後で他社に信用情報から知れるところ。自社の与信能力を疑われ、面子にもかかわる。そんな裏事情もあって融資額も高額になるので、審査が厳しめになるのは当然といえば、当然。

↓↓↓↓↓50万円の返済額が知りたい人はこちらの記事↓↓↓↓↓
カードローンから50万円以下で借りたら返済はいくらか悩む女性 カードローンで50万円のお金を借りると返済額はいくら?

借り換え増額かおまとめローンどちらを選ぶか?

では実際にどう行動に移したら良いのか?を見ていこう。毎月の苦しい返済から脱却するには、借り換え増額おまとめローンといった2つの選択肢がある。

例えばA社、B社、C社という3社からそれぞれ借入しているとしよう。

まず各業者の年率の幅を全て調べだし、総額を借入した時にどの利率が適用されるかを調べる。これはどれくらい低金利に持っていけるのか?の可能性を調べたいから。

各カードローン業者の年率の幅

それから3社の中から一番低い優遇金利のあるカードローン業者を選びだし、その業者に他の2社の借金をあなたのところへ全て借り換えしたいので融資枠を増額できるか?と確認をする。

これが借り換え増額というもの。

今、一番低金利である必要はない。借り換え増額をした時点で一番低金利になるところを選びだす作業が必要になる。1社を選んで相談してみること。

カードローン業者から融資枠と利率について前向きに審査してくれる返答を上手く引き出すのが目的だ。

借り換え増額
1社が借り換え増額を検討してくれそうだと満足してはいけない。次にA社、B社、C社以外のD社におまとめローンの相談をする。そのおまとめローンを扱うところは、なるべく借り換え増額の1社と同様のあなたにとって好条件のところだ。

これは3社分をまとめて完済し、D社から低金利で借入するのが目的。

上手に立ち回り、借り換え増額とおまとめローンのどちらからも条件が提案されるように出来るかが、あなたの返済を一本化する重要なポイントになる。

提案が2つそろえば、あとあと条件が下回る方との駆け引きに使え、さらに好条件を手に出来る場合もある。
おまとめローン

借り換え増額やおまとめローンで起こり得ることを想定する

ここまでの流れを恐らくあなたは一人で行動に移さなくてはいけない。

きっと心細いだろう。ただ、そうやって行動した中で起こり得ることが予め分かっていれば、そんな不安な気持ちも吹飛ぶハズ。そんな起こり得る状況って一体なんだろう?

全額融資が認められないケース

例えば借り換え増額の場合、A社によるB社だけの80万円、おまとめローンではA社とB社を合わせた100万円は面倒見るけど、C社の70万円の分はお断りといった感じ。

これは業者側であなたに貸せる限度額が明確に出せたという証。良くいえば、あなたに貸せる余裕はまだあると判断されたというコト。

逆に悪く言えば、全て救済できないくらい危険な領域に片足を突っ込んでるというコト。

こういう場合も多々あるので、何だか値踏みされたみたいだと落ち込んでいる場合ではナイ。

ここは冷静に、その提示された条件が検討する余地があるものかを死ぬほど考えた方が健全。

他社の解約を求められるケース

一部や全額融資を認める代わりに、完済させる他社のカードローン契約を解約条件として基本的に提示される。借り換え増額やおまとめローンの場合、もう限度額いっぱいでこれ以上の借入は無理だ。

でもあなたとしては、万が一何かがあった時に使えるお金がないと不安。出来たらすぐに使えるお金が何時でも欲しいのが本音。そしてそれが本当に可能なら、お金使うでしょ?間違いなく。

業者も当然そう思う。さらに借金をされると自社が被害をこうむる可能性が断然高い。せっかく借り換え増額やおまとめローンで救済処置をしたのに、状況が悪化するとなると銀行の監視役である金融庁から厳しい言葉がある。そうならないためにも危険の芽を早めに摘んでおきたいのだ。

ここに選択肢はない、潔く解約する。二兎追うものは矢◯真里という結末だ。

直接他社にお金が振り込まれるケース

おまとめローンとなると普通のローンとちょっと違う。何度も貸し借りができないで、返済のみという場合もある。

さらに他社へ一括であなたに代わって、おまとめローン業者が送金振り込みを直接する。何だか信用されてないみたいだと感じるかもしれない。大丈夫!全く信用されてないから。。

万が一、おまとめローンを認めれれた以外の返済や用途に使おうと企んでいても、実行できないので止めておこう。

カードローンの一本化で勘違いしてしまうこと

カシテ美

お陰様でおまとめローンで返済を一本化できそうです!これで月々の苦しい返済からも解放されます。
でも勘違いして欲しくないことがある。確かに前より返済が楽になったかもしれないけど、借金自体は減っていない。いやむしろ、月々の約定返済額が減ることで以前よりも膨らむかもしれない。

プレっち

カシテ美

それでは、おまとめローンはしない方が良いのですか?
いや、返済が出来なくなって自転車操業するよりマシ。ただ、人はユルい環境にいるとそれに慣れてしまう。なので自分は運よく救われたと思って、以前と変わりないくらいの金額を返済。さらにお金に余裕が出てきた分を繰上げ返済してこそ、おまとめローンにした意味がでてくるんだ。

プレっち