あまり良いイメージなかったのにカードローン合計3社を利用

カードローン合計3社を利用

カードローンは20代半ばから「プロミス」「丸井」「マルイゼロファースト」と合計3社を利用し、総額は最大150万近くに達したと思います。利用することにしたきっかけは「お小遣いの補充」程度の軽いものでした。当時はまだ若く、生活も割と派手だったことや、貯金の意識も低かったので、あまり深い動機を持ってはいませんでした。


また、当時は今ほど審査も厳しくなく、会社の上司の勧めで申し込んだのですが、初めて申し込んだ時(プロミス)は流石に少し不安でした。それは審査に通るか否かに対してではなく、カードローンに対してあまり良いイメージを持っていなかったので、「本当に借りてもちゃんと返していけるのだろうか」ということに対する不安でした。

「とりあえず作っても損なし」と2社目契約

2社目(丸井)3社目(マルイゼロファースト)はお店で勧められて申し込みました。理由は「お買い物で便利」「年会費無しなので、とりあえず作っても損なし」というありがちな誘い文句に乗っかりました。

2社目はいわゆる「消費者金融」とは少し違うイメージを持っていたこともあり、1社目の借り入れ金額も5万円以下、支払いも苦になっていなかったので、最初の頃のような不安は特にありませんでした。でも「複数社で借金をする」ということに対しては、流石に審査が通るのかを含めた心配はありました。

ただ、いずれの審査も驚くほど短時間(15分程度)で済んでしまい、審査中はそこまで考える暇もなく、どちらかといえば審査結果がでた後のほうが、それをより強く感じた気もします。

「持っていても損なし」で3社目契約

3社目は2社目とセットで勧められたので、使うつもりはほとんどなく、前述のとおり「持っていても損なし」という程度のものでした。私は結果的に「消費者金融」系2社、「お買い物」系1社と合計3社から借り入れることになったのですが、総じていえることはいずれも審査が「早い」「簡単」であるということです。つまり良くも悪くも「お手軽過ぎる」という点につきます。

特に「プロミス」は店舗数も多く、営業時間も長いので、文字通りいつでもどこでもお金の用意ができます。「丸井」については使用できる店舗(全国の丸井デパート)。「マルイゼロファースト」についてはエリア(ほぼ都市部)が限定的なので、多少の制限がありますが、結果的には数多くの銀行やATMでお金の出し入れができるので、それほど1社目と変わりはありませんでした。

また、借入金額の上限に関しては圧倒的にプロミスです。ですから返済に不安や借り過ぎに気を付けたい方は、借り入れ上限の低い「お買い物」系や本格的な消費者金融ではないほう方が、かえってメリットが大きいかもしれません。

(39歳 男性)
※ これはあくまでも個人の実際の体験からくる感想です