妊娠と夫の不可解な行動で瞬く間に借金が増えていった

妊娠と夫の不可解な行動で借金

27歳の時、長女を妊娠。夫とは元々籍を入れる予定で同棲していましたが、それを機に入籍。自身は産休、育休をとり、産休手当は出産後から約3ヶ月後の支給のため、それまでは夫の稼ぎとすこしの貯金を切り崩し生活する予定でした。


当時は夫も若かった為、職場の人間関係で悩み、転職したいというようなことをポツポツと言い始めていました。長女が産まれ、私が入院しなければいけなくなったとき、夫は私がいなくなった開放感からなのか、娘が産まれて気が緩んだのか、勤めていた会社を突然退職。

私の入院先の病院へお見舞いに来た際、少し目を離した隙に、私が以前引っ越し費用などで困った際に作成した、アコムのカードを財布から抜き取り30万円ほど引き出していた様子。病院から自宅に帰ると、返済の期日と残高を記載したハガキが届き発覚。夫を問い詰めたところ、知人への借金返済に使ったと言います。

驚くべき旦那の行動で嵩む借金

さらにそれだけでは留まらず、旦那名義でもアコムのカードローンを作成し、50万ほど返済に充てたと言います。真意のほどはわかりませんが、、借金が増えたことは事実です。

出産が終わって自分はすぐに働けず、これからの生活の不安から産後うつのような状態で過ごしていたことを覚えています。それから、転職先を決めていなかった夫は派遣の日雇いに行きましたが、現金支給される日当のうち半分をパチンコなどに注ぎ込み、いよいよ生活はさらに苦しくなるばかり。

私は持っていたいたアコムのカードからさらに借入を重ね、合計80万円の借金をしてしまいました。お互いの両親は全く当てにならず、金銭的な面でも一切頼れないため、やむ終えない選択でした。そうして無給の時期を乗り切り、夫も心を入れ替え、就職を決め育児休暇が無事終了。

私も職場復帰を果たし、借金返済を頑張ろうと思っていた矢先、第二子妊娠発覚。復帰から1カ月しかたっていませんでした。職場に正直に話し、6カ月働いてから再度、産休、育児休暇をいただくことになりました。

北海道銀行のラビットで新たな生活のために100万円借入

貯金をすべて使い切っていて、また無給の期間を乗り越える為、北海道銀行[ラピッド]へ借入を申し込み100万円の限度額を手にいれました。道銀のラピッドにした理由は単純にメインで使っていた銀行だったので、何かと便利なのではと思い深く考えずに契約をしました。

前回のカードローンの返済もあり、住んでいた賃貸の家賃が非常に高かったため、まずは家賃の低い古くて広いマンションへの引っ越し、それから出産のための準備費用、入院費用、休暇に入った後の生活費の補填のためにほぼ限度額まで使いました。

現在まだ育児休暇中のため、細々と借金返済をしながら生活しています。気づけば自分も30歳。結果抱えた借金は180万。夫の分と合わせると、230万。いまが1番辛い時期ですが、後悔はありません。

2人の我が子と一緒に生活できることは、なによりも幸せです。また、夫は2人の出産を経てかなり父親らしくなり、いまでは当時を反省して、真面目に働き一緒に節約をしてくれています。5.6年後の未来のために返済を頑張っていきたいと思います。

(30歳女性)
※ これはあくまでも個人の実際の体験からくる感想です