自動車教習料金を支払うために借りたローンだったのに...

自動車教習の料金を支払う

今から約10年前、免許をとったらどこに行こうと夢を膨らませ、自動車学校に通いました。しかし、丁度学生さんが多い時期にかぶってしまい、田舎の小さな自動車学校の教室はすぐに満席になり、段々行くのが面倒になってきました。そうすると、せっかくコツをつかんできた運転も感覚を忘れていきました。余計に行くのが面倒になり、いつしか休みがちになりバイトばかりするようになってきました。

友達から刺激を受けてもう1度自動車学校に通い始めるも

バイトに明け暮れていたある日、久しぶりに会う友達と遊ぶことになり待ち合わせをしていると、友達が車でやって来ました。車の中には友達の好きなキャラクターでいっぱい。まるで好きなものに囲まれた自分の動く部屋という感じ。この友達のお陰で良い刺激になり、次の日からまた自動車学校に通い始めました。

感覚を戻すために次から次へと予約を入れて実技の勉強をしたのですが、実技講習用のチケットが足りなくなり購入しないといけなくなりました。それが1枚なら良かったのですが、卒業するまでに追加チケットを5枚購入しました。実技だけでなく、学科も時間が空いていたせいか仮免許も落ち、もう一度受けなくてはならなくなりました。

バイトの給料で支払えると思いカードローンに申し込んだ

しかし、ここで問題が。手元にお金がなく仮免許の受験が出来なくなりそうにありません。このままでは、せっかく通い出したのにまた時間がたって忘れそう…。そんな時、家の郵便箱にカードローンのチラシが入っていました。山口銀行のFrom21。私のように収入が少なくても30万まで借りられるらしい。これがあれば免許がとれるかも。月々1万円から返済可能なので、バイトの給料からでも返済できると思いすぐに申し込みをしました。

すぐに山口銀行からカードが届き、実技のチケットと仮免許の受験代を払いました。その後は順調に進み、何とか免許をとることができました。

後先考えずに使ったことで私は銀行からの信用を失った

でもここからはまた別の問題が。毎月1万円づつ返済をしていたのですが、欲しいものができ、そこから引き下ろすようになってきました。

自動車学校のために作ったカードローンのはずがその目的が終わり、まるで自分のお金と勘違いするようになっていたのです。気づいた頃には遅く、月々の返済を入れてはすぐに下ろすよになり、給料前に山口銀行から電話がかかってくるようになりました。

恐る恐る電話に出ると、いついつまでに入金しないと、私の返済能力がないと判断され、今後お金を借りづらくなる恐れがあるということでした。結局、給料前に払えるわけもなく、後先考えずに使ったことで私は信用を失ってしまったのです。

それからは真面目に返済をし、完済することができました。私は意思が弱く、カードローンは向いていませんでした。一社だから、30万円だからすぐに返せるだろうという考えが甘かったです。

(32歳女性)
※ これはあくまでも個人の実際の体験からくる感想です