収入の少ない生活の支えにカードローンから借入をした主婦

カードローンから借入をした主婦

まず初めにカードローンを利用したのは36歳の時でした。共働きだったのですが主人の収入は少なく生活は豊かではなかったです。いつもお金のことを心配する毎日でしたので、とりあえず心の支えにと楽天銀行のスーパーローンを契約しました。


審査の流れは個人情報をスマホで記入し、年収も証明がいらないとのことで少しだけ年収を多めに記入しました。あっという間に審査が通り、すぐにカードを発行してくれました。限度額は50万円。

しばらくは利用せずにいざとなった時に使えばいいや、と貯金感覚でした。実際には貯金額がほとんどなかったのでかなり安心して生活することができました。

父親の病気ですべての生活が狂いだした毎日

中古車を購入する際に頭金で20万円利用したのが最初でした。月々の返済がたったの5000円ずつだったので生活を圧迫することがなかったです。そんな時に実家の父が癌で入退院を繰り返し、看病をするため私は仕事を辞めざるを得なくなりました。当面は楽天銀行の利用残高でやりくりしていました。返済しては借り、返済しては借りの繰り返しです。

すると、楽天銀行の方から電話があり、利用限度額を増やしてみませんか?とのこと。私からすれば願ったり叶ったりのお話。「是非お願いします!」と返事しました。「職業、年収に変わりはないですか?」と聞かれ、仕事を辞めているのにハイ と嘘をつきました。すると 1分ぐらい待たされただけで「限度額が100万円になりました。必要でしたらすぐに入金いたしましょうか?」と有難い話でした。

とりあえず10万円を入金してもらいました。ただ返済額は月に15000円になってしまっていたので、かなり返済がキツクなっていました。なので、返済をするためにまた借りる。それを繰り返し、最後には限度額いっぱいまで借金をしていました。

同時にクレジットカード(2社。JCB.Master)のキャッシング10万円ずつも利用するようになり、どんどん借金が増え、だんだん自分の感覚も麻痺してきていたんだと思います。銀行のカードローンは主婦も利用できると知り、スマホで契約しました。審査は自宅の固定電話に直接電話がかかってきただけで簡単に30万円の限度額契約ができました。返済額は月々3000円でした。

借金について主人に絶対に知られてはいけません

私が利用したカードローンは全てスマホで契約でき、収入証明も不要でとても気軽に作れます。真面目にせっせと返済していれば限度額も増えていきます。とてもたくさんの貯金を得たようで嬉しくなりますが、結局は他人のお金。借金に過ぎません。必ず返さなければならない。

最初は返済額は低く設定されますが、借り入れ額が増えると当然返済額も増えます。しかもほとんどが利息で元金はほとんど返済されていないことになり、返済残高が全然減らないのです。私は任意整理をすることになりました。

最後になりましたが、これら全て主人には内緒でできてしまうのです。今も主人は知りません。知られてはいけない。墓場まで持っていきます。

(39歳 女性)
※ これはあくまでも個人の実際の体験からくる感想です