マイカーローンから年収のいくらの割合で借入できるか教えます!

「一体いくらまでマイカーローンで借入できるのだろうか?」

そんな事を考えながらマイカーローンを検討しているあなたに、年収に対して借入できる額の割合を教えます。

限度額が事前に分かれば、無理な希望額を求める必要もないし、さらに審査落ちも回避できる。

「そんな都合の良い方法があるものか?!」と疑うかも知れないけど、じつは誰でも簡単に実践できるので、ぜひ参考にしてみては。
プレっち

マイカーローンの審査で重要視されるのは

マイカーローンの審査で、融資するかの判断材料として最も重要視されるのは何だろうか?

たとえば、判断材料として

  • 年収
  • 勤続年数
  • 家族構成
  • 持ち家の有無
  • 他社からのローン総額
  • など。

    そのなかで最も重要視されるのは、『年収』になる。

    上で挙げたもので年収だけが、「お金が入ってくるもの=収入」という分類。

    あとは「お金が減るもの=消費」となっている。

    (勤続年数だけは、別物だけどそこは突っ込まないでw)

    収入から返済額が支払われる。だからお金がいくらあなたに入ってくるのかは、とても重要ってことなのは納得だろう。

    マイカーローンでは他ローン借入があると不利

    次にマイカーローンの審査で重要視されるのは、消費のなかでは「他社からのローン総額」。

    なぜかといえば、マイカーローンと他社からのローンというのは同じ分類であって、重なりあうからだ。

    どちらも返済をしなくてはいけないし、返済という行為がどちらも同じ。返済が苦しければ、どちらを優先するのかというライバル関係になり得る。

    だからこそ、マイカーローンを借りる人が他ローン借入があると、不利だといわれる。

    借入額はマイカーローンへの返済比率から割り出せる

    では、肝心のマイカーローンは年収のいくらの割合で借入できるかといえば、それは『返済比率』というものによる。

    この返済比率は住宅ローンでも使われるものだが、簡単に言えば年収にたいして、返済額がいくらなのかという割合のこと。

    各マイカーローン業者によっても返済比率は違ってくるし、借入金額によっても若干違いがある。


    一般的には、25%~40%の間と言われる返済比率の許容範囲

    仮にマイカーローンを検討している年収400万円の人(他ローン借入なし)がいるとする。

    マイカーローンAでは、返済比率の許容範囲を25%だとする。

    すると、400万×0.25=100万円で年間返済額の上限は、100万円とマイカーローンAでは判断される。ボーナス払いなしなら、毎月返済額が約83,000円。

    もしも他ローン借入が50万円あったなら、400万×0.25-50万円=50万円。年間返済額の上限は、50万円。であるなら、毎月返済額が約41,000円が限度と判断されるんだ。

    実際の例でマイカーローンの借入額を算出

    ここからは分かりやすいように、マイカーローンで評判の損保ジャパンを例として借入額を算出してみる。

    条件:年収400万円(他ローン借入なし)適用金利2.80%
    借入金額400万円500万円
    毎月返済額71,519円89,399円
    1年間の返済額858,228円1,072,788円
    返済回数60回(5年)60回(5年)

    仮に損保ジャパンマイカーローンで返済比率の許容範囲25%だとすると、毎月返済額約83,000円が上限なので500万円は借入が厳しいとなる。

    もし返済比率の許容範囲40%であれば、400万×0.40=160万円で年間返済額の上限は、毎月返済額約130,000円。すると、500万円の借入も無理ではなくなる。

    今度は他ローン借入が50万円あった場合を見てみよう。

    条件:年収400万円(他ローン借入50万円)適用金利2.85%
    借入金額300万円400万円
    毎月返済額39,437円52,583円
    1年間の返済額473,244円630,996円
    返済回数84回(7年)84回(7年)

    返済比率の許容範囲を25%だとしたら、毎月返済額約41,000円が上限。

    すると返済期間を60回→84回に変更しても、借入額400万円は無理だと分かる。

    返済回数84回で300万円の借り入れ希望なら、可能性としてはあり得ると分かっただろうか。

    このように厳しい返済比率25%を想定することで、マイカーローン申込み前であっても、ある程度の借入希望額と返済回数を算出することができるんだ。