プロミス体験談|離婚して初月の生活費にプロミスで初めて10万円借入

離婚して生活費にプロミスで10万円借入

私がカードローンを利用する事になった理由としては離婚でありました。離婚して初月の生活費がどうしても工面が困難になりました。そこで、実家にこれ以上の迷惑をかける事は控えたいと思っておりましたので、返済確実であろう金額として、10万円のみを借りるという事を自分で決め、初めてのカードローンの利用をする事にしました。


利用先としては、少しでも利息を軽減したいとの思いから、無利息期間のあるカードローンの会社を選択する事に。やはり大手の会社には安心感がありましたので、「プロミス」に決める事にしました。複数社からの借り入れだと、無駄に利息を支払う事になると勉強しましたので、プロミス1社のみの利用でカードローンを利用しようと決めました。

事前調査とフリーコールで不安を解消

利用にあたり、やはり不安がありましたので、フリーコールでの案内に一度電話をしてネット上での情報と、電話での情報が相違がないのか?をきちんと確認した上で、初めての利用を行いました。所謂借金という事をするのは、なにせ人生で初めてでしたから、やはり不安が先行してしまうのが本音。なのでフリーコールに電話をさせて頂きました。後々実感することになるのですが、こうした事前の情報確認をフリーコールでした事は、とても正解でした。

プロミスの女性の温かみのある声での案内は、心情的に気持ちが落ち着くものです。この電話を入れる前までは何となくうしろめたさといった気持ちが、正直拭えませんでした。でも「何も悪い事をしているのではない。今大変な時期だから、一時助けて貰うだけだ」と、堂々とカードローンを利用しようと思う事が出来ました。

プロミスから借り入れで不都合はなかった

こうした手続きを踏んで、自分でもお金を借りることへの不安を解消して納得する事が出来て、10万円の融資を希望する事が出来ました。10万円というお金を、即日融資での審査対応でお借りする事が出来ました事に深く感謝する事が出来ました。きっと、フリーコールを利用していなかったら、同じ10万円の融資でも重みが違ったと思います。生の声の温かさが、お金の価値にも繋がったと振り返る事ができます。こうした安心感が、返済計画や今後の資金繰りといったお金に関する考えを持つ良い機会になりました。

私は生活困窮のために、プロミスを利用しましたが、結果往来。大正解でした。プロミスを利用したことで、自分のライフサイクルの中では不都合と思う事には遭遇しませんでした。

(40歳 女性)
※ これはあくまでも個人の実際の体験からくる感想です

合わせて読みたい関連記事