カードローンの返済方法にatmを利用できるのは?

カードローン返済方法にatm

カードローンの返済では口座引き落としが主な方法となっているところが多い。でもあえてATMで返済したい人もいるだろう。

「引き落とし口座に入金する暇がない」、「帰宅途中のコンビニに寄って返済を済ませたい」、「わざわざ返済用の銀行口座を持ちたくない」など様々な理由があるのかもしれない。

今回はそんなカードローンでも返済方法としてatmを利用できるところに焦点を絞って詳しく解説しているよ。
プレっち

約定返済にはATMが使えないカードローンがある

「ATMで返済できますよ」と謳っているカードローン業者であっても、厳密に言えば返済できたことにならないものもある。何だか訳の分からないことを話されていると思う人がいるかもしれないから説明する。

返済と一口に言っても、「約定返済」「随時返済」の2つがある。

約定返済とは毎月決められた日に決められた金額を返済することを指す。そしてもう1つの随時返済。例えば、「今月思った以上に出費がすくなかったから多めに返済しておこう」と思い、定返済日以外の日に返済すること。繰上げ返済とも言い、元金が多く減らせるので賢い返済方法なんだ。ただ随時返済をしたからといって油断していると約定返済が免除になることはない。延滞扱いになる点も気を付けるところだ。

今回問題になるのは、約定返済にATMが使えないカードローンもあるっていうこと。例えば住信SBIネット銀行のカードローンのように、随時返済にのみを提携ATMで返済が利用できるところもある。だけど今回の話では、すみしんのようなカードローンは返済方法でatmを利用できないところとする。

またATMから約定返済の引き落とし口座に入金することをATM利用ができると定義する業者もいる。今回の話ではこれを含めない。あとコンビニによってはファミポート、Loppiサービスなどの端末も今回はATM返済ができるとはしない。

返済方法にatmを利用できるカードローンはこれだ!

銀行カードローン名返済方法で利用できるATM
スルガ銀行 リザーブドプランスルガ銀行・ゆうちょ銀行・セブン銀行・イーネット・タウンネットワーク・イオン銀行
auじぶん銀行 カードローン三菱UFJ銀行・セブン銀行・イーネット・ローソン・ゆうちょ銀行
三井住友銀行カードローン三井住友銀行本支店・セブン銀行・イーネット・ローソン・ゆうちょ銀行
オリックス銀行カードローン三菱UFJ銀行・三井住友銀行・西日本シティ銀行・ゆうちょ銀行・セブン銀行・E-net・ローソン・イオン銀行
貸金業者カードローン名返済方法で利用できるATM
プロミスゆうちょ銀行・セブン銀行・イーネット・ローソン※1
SMBCモビット三井住友銀行・三菱UFJ銀行・イオン銀行・セブン銀行・CREDIT SAISON・第三銀行・福岡銀行・親和銀行・熊本銀行・イーネット、ローソン・ステーションATM
レイクALSA三井住友銀行・三菱UFJ銀行・イオン銀行・セブン銀行・・CREDIT SAISON・イーネット、ローソン銀行
アイフルイオン銀行・セブン銀行・三菱UFJ銀行・西日本シティ銀行・イーネット・ローソン・親和銀行
アコム三菱UFJ銀行・イオン銀行・セブン銀行・イーネット・ローソン・熊本銀行・親和銀行・第三銀行・東京スター銀行・西日本シティ銀行・広島銀行・福岡銀行・北海道銀行・北陸銀行・CREDIT SAISON※2
クレディセゾン マネーカード全国の郵便局・都市銀行・地方銀行・信用金庫・コンビニなど※3

※1 プロミスと三井住友銀行ATMだけは利用手数料が終日無料 ※2 アコムのATMだけは利用手数料が終日無料 プロミスと三井住友銀行ATMだけは利用手数料が終日無料 ※3 クレディセゾンATMだけは利用手数料が終日無料

銀行系カードローンは基本ATM手数料が無料

ATM手数料が無料

上記の表を見てもらうと分かるけど、返済できる提携先ATMに多少の違いはある。業者ごとにいろいろな人間関係やら付き合いや取引で提携先が異なるとは想像がつく。それよりも利用する側として大きな違いの特徴としては「手数料」。

ATMで返済をすると1万円以下で110円、1万円超で220円の手数料を毎回支払わなければいけない場合もある。それはどんな時かといえば、消費者金融系のカードローンで提携先ATMを利用するときになる。それとは逆に銀行系カードローンでは基本的に、利用時間や利用回数は関係なく無料になる。

もしカードローンを選ぶ際に、最優先事項としてATMでの返済方法があるなら銀行系カードローンがあなたにとっての選択肢になる。もしもここで「ほんの数百円くらいの手数料でしょ?」なんて思っている人がいたら、要注意。なぜならそのほんの少しの手数料を数年かけて積み重ねる意味を理解できていないからだ。きっとお金で苦労する。

ATMのカードローン返済で1000円未満の端数はどうするのか

ATM硬貨での返済

もう1つATMの返済で知っておきたいことがある。それはATMによっては硬貨対応していないものもあるということ。

例えば約定返済額が7,352円であった場合、細かい352円分を硬貨では返済できないよ、ということ。こういった時には通常、繰上げて8、000円を支払う。お釣りは?なんて気にしている人はまずいないと思うけど、もしもそんな人がいるなら、648円分繰上げ返済ができて元金がその分減ると喜ぶべきだ。

ここまでのまとめ
  • ATMで返済できるのが随時返済のみというカードローンもある
  • ATM返済を頻繁に利用する人は手数料無料の銀行系カードローンがお得
  • 硬貨対応してないATMでは繰上げ返済

できる限り早く借りたい人は、こちらのカードローン>>> レイクALSA