銀行より得するレベル!三井住友カード ゴールドローンの条件

三井住友カード ゴールドローンの条件

銀行カードローンなら低金利で間違いなしと思われているけど、条件次第ではそうでもない。

今回は三井住友カード ゴールドローンと良く混同される三井住友銀行のカードローンを比較。どういった条件になると銀行よりもゴールドローンの方が選ぶ価値があるのかについて解説しているよ。


プレっち

ここが違うよ!三井住友カード ゴールドローンと三井住友銀行カードローン

三井住友ということでかなりの人が勘違いしているみたいだけど、三井住友銀行のカードローンとは全くの別物。その辺を1つずつ見ていこう。

まず、根本的な違いから。

銀行と貸金業者
名称三井住友カード ゴールドローン三井住友銀行カードローン
カードローンの区分けクレジットカード会社系カードローン銀行系カードローン

まず、三井住友カードはクレジットカード会社なので貸金業者になる。となると従う法律は貸金業法。それでどんな違いがあるのかといえば、カードローンとして大きく3つのカ所で違いでてくる。

総量規制
名称三井住友カード ゴールドローン三井住友銀行カードローン
借入可能額年収の3分の1まで制限なし年収の3分の1まで

例えば年収400万円の人であれば、三井住友カード ゴールドローンだと最高で約130万円までが借入できる限度になる。どんだけ属性でスコアリングが良くても、規則でそうなっているので借入額が変更になることはない。

それに対して、三井住友銀行カードローンは総量規制外。なので年収400万円の人でも200万円を借りられる可能性はある。2018年1月あたりから金融庁の指摘に応える形で、三井住友銀行は自主規制によって総量規制と同じ年収の3分の1までの借り入れに変更になった。

となると今まで銀行カードローンを選ぶ理由であったより多く借りれるという恩恵はなくなり、銀行と消費者金融は同等に。

所得証明書類の提出
名称三井住友カード ゴールドローン三井住友銀行カードローン
所得証明書類の提出基準借入希望枠の合計が50万円超※1 ※2借入希望枠の合計が300万円超
借入希望枠の合計が50万円超
※1 三井住友カードローンの利用残高とすでに所持するクレジットカードのキャッシング利用枠の合計が50万円を超える場合

※2 借入希望枠と他の貸金業者を含めた借入残高の合算が100万円を超える場合

カードローンを申し込みたい人が割と躊躇する所得証明書類の提出。三井住友カードの場合、提出を求められる機会が銀行よりずっと多くなる銀行と同じく50万円超が今は基準になっている。これは過剰な貸し出しを抑える目的があるからだ。

保証会社
名称三井住友カード ゴールドローン三井住友銀行カードローン
保証担当三井住友カードSMBCコンシューマーファイナンス株式会社

審査を担当する会社にも違いがある。銀行は系列のSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が保証を担当。三井住友カードの場合、担当会社はなく自社で審査をする。

三井住友カード ゴールドローンを金利で選ぶなら

ここまでは審査を申し込む際に気にするべき違いについて話してきた。何だかこのままでは、三井住友銀行の方が良いのでは?と思い始めている人もいるだろう。

それも希望額が290万円以下であれば考えも変わってくるかも。以下が三井住友カード ゴールドローンの金利になる。

三井住友カード ゴールドローン適用金利
融資額290万円以下300万円~490万円500万円~690万円700万円
利率9.8%7.8%4.5%3.5%

融資希望額290万円以下ということは、総量規制の年収の1/3以下という借入条件を考えたときに年収870万円以下の人が該当。となるとかなりの人がこの枠になるのではないだろうか。

この290万円以下で9.8%という利率は、


三井住友銀行カードローンよりも優れた金利


(三井住友銀行では200万円以下は10%~14.5%の利率)。

さらに三井住友カードでは支払いの遅れなどなければ、翌年には自動的に利率9.8% → 9.5%になる。最大で5年後には、利率9.8% → 8.6%という引き下げ幅になるシステムがあるんだ。

もちろん金利だけで借入先を決めるというのは、選択の根拠としてはダメ。さらに三井住友カード ゴールドローンの場合、ちょっと返済方式が変わっている。その部分に注目し、選択の根拠になり得るのか見てみよう。

三井住友カード ゴールドローンでの返済金額はいくらか?

カードローンを利用している人の中には、毎月の支払いからいくら元金に充てられているのか、分かっていない人もいる。元金が減らないと当然、支払いも長引く。思った以上に元金が減っていないことに気付き、嘆くといった話はよくある。

それというのもほとんどのカードローンで返済方式として採用されている、「残高スライド方式」が原因。

なぜ元金が減らない原因なのかと言えば、この残高スライド方式だと元金が減りにくいシステムになっているからだ。

三井住友カード ゴールドローンではこの残高スライド方式を採用していない。なので元金がなかなか減らないということが起こらない。


なぜなら残高スライド方式ではなく、元金定額返済が採用されているから

三井住友カード ゴールドローン 毎月の支払い額
利用残高初回借入110万円超170万円超200万円超
約定返済額2万円+利息3万円+利息4万円+利息5万円+利息

どういうことかというと、まず元金が定額で返済される。その元金に残高から割り出した利息を追加するというもの。まだ分かりにくいという人もいると思うので、30万円借入の例を以下で確認してみよう。

三井住友カード ゴールドローン
借入30万円の場合の返済シミュレーション
返済回数約定返済額元金利息借入残高
1回目22,450円20,000円2,450円280,000円
2回目22,450円20,000円2,450円260,000円
3回目22,286円20,000円2,286円240,000円
:::::
13回目20,653円20,000円653円40,000円
14回目20,490円20,000円490円20,000円
15回目20,326円20,000円326円0円
16回目139円0円139円0円

もう分かったかな?毎月残高が2万円ずつ減っていくことになるんだ。一度理解すれば簡単でしょ?

それに対して残高スライド方式の三井住友銀行カードローンでは先に利息を多く取り、元金は支払後半で多く取り形になる。

三井住友銀行カードローン
借入30万円の場合の返済シミュレーション
返済回数約定返済額元金利息借入残高
1回目20,733円17,110円3,625円282,892円
2回目20,733円17,315円3,418円265,577円
3回目20,733円17,524円3,209円248,053円
:::::
13回目20,733円19,761円972円60,729円
14回目20,733円20,000円733円40,729円
15回目20,733円20,241円492円20,488円
16回目20,735円20,488円247円0円

また、三井住友カード ゴールドローンの毎月の返済額が知りたい人のために、100万円までの借入額別で最大の支払い額も掲載しておく。

借入額月の返済額(最大)
10万円20,816円
20万円21,633円
30万円22,450円
40万円23,266円
50万円24,083円
60万円24,900円
70万円25,716円
80万円26,533円
90万円27,350円
100万円28,166円

三井住友カードと三井住友銀行であなたが得をするのはどちら?

ここまで散々、三井住友カード ゴールドローンと三井住友銀行カードローンを比較してきた。

でも一番大切なのは、


借りた人が無理なく借りられて損をしないこと。

それをどちらの方がより実現できるのか?を確認するために返済シミュレーションしたのが、以下のものになる。

借入10万円の場合のシミュレーション
条件三井住友カード ゴールドローン三井住友銀行カードローン
返済方式元金定額返済残高スライド方式
月の返済額(最大)20,816円10,000円
金利年利9.8%年利14.5%
支払回数6回11回
支払総額103,240円107,227円
利息金額3,240円7,227円
差額±0-3,987円
借入100万円の場合のシミュレーション
条件三井住友カード ゴールドローン三井住友銀行カードローン
返済方式元金定額返済残高スライド方式
月の返済額(最大)28,166円15,000円
金利年利9.8%年利12%
支払回数51回111回
支払総額1,216,375円1,656,070円
利息金額216,375円656,070円
差額±0-439,695円
ここまでのまとめ
三井住友銀行カードローンに比べ、総量規制などの制限もある三井住友カード ゴールドローン。約定返済額の約3万円が支払えるなら、かなり借入先になり得るカードローン。

銀行カードローンは一般的に低金利といわれるけど、借入希望額200万円までならゴールドローンの方がお得。

できる限り早く借りたい人は、こちらのカードローン>>> レイクALSA