「旅行代金を分割払いできたらいいのに…」が叶うんです!

海外旅行

とても楽しみにしている旅行計画。1つ問題があるとすれば、旅行代金の支払いのみ。

「今すぐ代金全額は支払えないから、分割で支払えないだろうか?」

そんな時に頼りになるのが、旅行業者が用意しているクレジットカードなしでも利用できるトラベルローン。今回はそんなトラベルローンの分割支払いについて解説しているよ。
プレっち

旅行代金を分割

即日融資

  • 年会費永年無料で分割払いも可能!
  • 旅行傷害保険が付いてくる!

旅行代金の分割払いなら>>>Booking.comカード

旅行代金の分割払いを取り扱っている業者はこれだ!

飛行機

旅行会社にとっては、代金の支払いが困難で旅行を諦める人をできるだけ取り込めるメリットがあるトラベルローン。もちろん分割払いがなかったら旅行ができなかった人にとってもメリットもある。そんな旅行代金の分割ができる代表的な旅行会社は以下。

旅行代金の分割払いができる旅行会社
JTBローン
分割払い最低支払金額申込み締め切り日返済方法
48回
42回
36回
30回
24回
18回
12回
10回
6回
3回
3,000円旅行出発日の7営業日前まで毎月均等分割払い
ボーナス併用払い
スキップ払い
H.I.S.トラベルローン
分割払い最低支払金額申込み締め切り日返済方法
36回
30回
24回
20回
18回
15回
12回
10回
6回
3回
毎月均等分割払い
ボーナス併用払い
ボーナス一括・ボーナス2回払い
スキップ払い
旅工房 旅の分割払いサービス
分割払い最低支払金額申込み締め切り日返済方法
48回
42回
36回
30回
24回
18回
15回
12回
6回
3回
旅行出発日の1ヶ月前まで毎月均等分割払い
ボーナス併用払い
近畿日本ツーリスト トラベルローン
分割払い最低支払金額申込み締め切り日返済方法
旅行出発日の7営業日前まで毎月均等分割払い
ボーナス併用払い
ボーナス一括払い
スキップ払い
IACEトラベル トラベルローン
分割払い最低支払金額申込み締め切り日返済方法
36回
30回
24回
20回
18回
15回
12回
10回
6回
3回
出発2か月前以降より毎月均等分割払い
ボーナス併用払い
ボーナス一括払い
 土・日・祝日を除く

各社によって分割できる回数が違う。また支払いのために新たにクレジットカード契約をする必要もないのが特徴。

注目⇒クレカ契約せずに旅行中、現地通貨が引き出せる便利なカードはこちら

返済方法で珍しいのはスキップ払い

基本的な支払いは、毎月均等分割払いというもの。例えば旅行代金総額20万円の10回払いなら、毎月2万円支払っていくというもの。もちろんその他に利息や手数料が加算されることになるけど。

旅行会社ならではの支払い方法で見慣れないものが、「スキップ払い」というもの。

これがどんなものかと言えば、普通であれば旅行出発月の翌月から支払いは始まる。でもその支払いをある一定期間までは据え置いて免除されるという制度。

例えば大学生が卒業旅行を予定する。でもお金がない。「就職先は内定をもらっているから、働き始めたら返済できるのに…。」といった場合にこのスキップ払いが有効。実際に近畿日本ツーリストではそんな学生のみスキップ払いが利用できるようになっている。

旅行会社も商売なので、もちろん据え置き期間がタダになる訳ではない。その期間所定の手数料という名の利息が加算され、後のち支払いを迫られることになる。

【スキップ払いの詳細】
旅行会社名据え置き期間手数料
JTB最長7ヶ月毎月、手数料を加算
H.I.S.最長6ヶ月毎月0.5%手数料を加算
近畿日本ツーリスト最長12ヶ月毎月1.0%手数料を加算
 年次度就職予定に学生のみ

トラベルローンにも審査ってあるの?

楽しいことばかりではない

カシテ美

旅行会社のトラベルローンならクレジットカードを新たに契約する必要もなくて安心。だってクレカの審査ってめんどくないっすか?
相変わらずめでたいな君は?トラベルローンにだって審査はあるよ。

プレっち

カシテ美

え’’っ~???マジっすか?!

トラベルローンだって誰でも借入できる訳ではない。しかもその審査は旅行会社がするんじゃない。クレジットカードと同じく、


信販会社など消費者金融が審査を担当する


という事実。

だって旅行会社は金貸しのプロではない。それなら金貸しが本業の保証会社に任せれば、万が一あなたの返済が滞っても旅行代金は回収できるという仕組み。

【トラベルローンの保証会社 一覧】
旅行会社名保証会社
JTB(株)セディナ /(株)ジャックス
H.I.S.(株)オリエントコーポレーション
旅工房(株)セディナ

なのでクレカと同じ要領で審査されることは間違いなし。その点で気を付けなくてはいけないのは、未成年者や学生がビジネスローンを申し込む際には親権者の同意が必要となること。

もしも今回の旅行が両親に内緒である場合、ちょっと乗り越えなくてはいけない壁になる。

トラベルローンなら銀行の方が低金利?

銀行

トラベルローンは何も旅行会社だけが取り扱っているわけではない。同じように銀行もトラベルローンや多目的ローンといった名称で取り扱っている。

しかも旅行会社よりも銀行は低金利な場合が多い。比較するとどれくらい差があるのか?まずは旅行会社の金利を確認しよう。

分割払いできる旅行会社 適用金利一覧
旅行会社名適用金利
H.I.S. 学生年8.98%~年9.35%
H.I.S. 一般年9.87%~年12.14%
IACEトラベル年15.84%~年18.00%

残念ながらすべての旅行会社で金利を公表していない。申込み相談をして初めて金利を教えてもらえる。なのであくまで上記の公表しているものを参考にしてみる。

するとそれに対して銀行の金利はというと、

旅行代金を分割払いできる銀行 適用金利一覧
銀行名適用金利
住信SBIネット銀行 ミスター多目的ローン年2.975%~年4.975%
ちばぎんトラベルローン年5.0%~年5.2%
三菱UFJ銀行 ネットDE多目的ローン年5.475%
楽天銀行 目的型ローン トラベル年11.5%

確かに平均的に銀行のトラベルローンは低金利の設定になっている。

ただ


申込み資格・審査は格段と厳しいものになる


というコトを忘れてはいけない。

例えば学生にとっては厳しい「継続した安定した収入」(パート・アルバイトは認められない)を求められたり、前年度の年収がある程度の額に達してないとダメだったりする。

審査時間にも余裕を見ないといけないので、銀行のトラベルローンを利用できる人はある程度の勤続年数がある会社員ということがいえる。

まとめ:【旅行代金を分割払いするなら】
  • 学生ならまず、「旅行会社のトラベルローン」を検討しよう
  • トラベルローンにも「消費者金融の審査」がある
  • 会社員なら、「銀行のトラベルローン」を検討