カードローンで50万円のお金を借りると返済額はいくら?

カードローンから50万円以下で借りたら返済はいくらか悩む女性

「カードローンで50万円借り入れしたら、毎月の返済額はどれくらいになるのだろうか?」

初めてのキャッシングであれば、誰もが不安になる返済。できる限りリスクがないことを確認してから、審査に申込みたいと思うのはアタリマエのこと。

50万円をカードローンで借り入れするのにあなたがなぜ不安になるのかは、借り入れというものをフワッとしか納得できてないし、心の奥底では腑に落ちていないのが原因。

であれば、徹底的に50万円のローンをした時に不安がなくなるくらい納得できるように、

  • 50万円借入で金利はいくらになるのか
  • 月々の返済額がいくらになるのか
  • どれくらいの期間で返せるのか
  • 利息総額がいくらになるのか
  • ローン返済の中身がどういったものなのか
  • なかなか返済が減らないのはなぜなのか
  • 早く返済する方法
  • 50万円借りるときのおすすめのカードローン会社
  • といった内容を詳しく解説しているよ。

    プレっち

    50万円をカードローンから借りるなら低金利は期待できない

    カードローンでよく話題に上がる金利。見かけるのがたとえば次のような数字。

    3.0%18.0%
    3.0%が下限金利という、そのカードローン会社で一番低金利な値。

    そして18.0%が上限金利という、そのカードローン会社で一番高金利な値。

    いきなり冒頭からネガティブな情報だけど、50万円という融資希望額であれば、低金利を望む余地はあまりナイ。ほとんど上限金利になるから。

    はじめての借入で100万円を希望した場合でも、高年収の一部の人を除きほとんどの人の願いは却下。減額され50万円以下にされてしまうことがよくある。

    業者は率直に言ってはくれないけど、はじめて借入する人はお試し期間なんだ。

    そんなお試し期間の人に低金利でお金を貸し出してくれる理由はないと思わない?

    カードローン業者にとって多額の融資ではないお客は、まだ本当の意味でお客ではないんだ。

    「お客様=神様、建前上は」とニヤける男性

    ただし、それはカードローン会社の中でという範囲。つまりカードローン会社Aのなかでは上限金利になるのは間違いない。だったらカードローン会社Aではない別会社で上限金利が50万円でも低金利なカードローンを選べば良いこと。

    50万円の融資希望額にたいして、どこが低金利なカードローン会社なのか比較したものが下の表になる。

    借入枠50万円以下のカードローン会社 金利一覧

    借入50万円以下の適用金利カードローン名
    20.0%ダイレクトワン
    18.0%アコム/レイクALSA/SMBCモビット/アイフル
    17.8%プロミス/オリックス銀行カードローン
    17.5%auじぶん銀行 カードローン
    15%セブン銀行カードローン/クレディセゾン マネーカード
    14.79%住信SBIネット銀行カードローン
    14.70%北洋銀行 スーパーアルカ
    14.5%楽天銀行スーパーローン/三井住友銀行カードローン
    14.0%みずほ銀行カードローン
    13.8%イオン銀行カードローン/ソニー銀行 カードローン
    12.475%りそな銀行 カードローン

    一番低金利な「りそな銀行カードローン」と高金利な大手消費者金融との差は7.525%ほど。

    たしかに高額融資で長期間返済をするなら、7.525%の差は大きな要素みるべきだろう。

    ただ、今回は50万円以下で借入を考えている人が対象なので、そう考えてみると、この金利差は気にするほどでもない。

    実際にどれくらいの差になるのかは次の章で解説するが、金利よりも毎月いくら返済するのか、その「支払回数」が重要なのである。

    そんなことを頭の片隅に置きながら、次の章を読んでいただきたい。

    カードローンで50万円借り入れしたときの月々の返済額

    カードローンによって月々の返済額が決まっている。そのローン返済の中身は以下の内訳になっている。


    約定返済額(毎月支払う最少返済額)=元金+利息

    そして今まで支払ったすべての金額が「支払い総額」。そういったことを頭に入れながら、確認してほしいのが、
  • 月々の返済額がいくらになるのか
  • どれくらいの期間で返せるのか
  • 利息総額が計算するといくらになるのか
  • といった部分。そこがどんな感じになっているのか見てみよう。

    カードローンで借入50万円した場合の返済額推移

    カードローン名年率返済回数約定返済額支払い総額
    ダイレクトワン20.0%50回15,000円735,869円
    アコム18.0%49回15,125円695,756円
    レイクALSA18.0%52回14,000円716,429円
    SMBCモビット
    アイフル
    18.0%58回13,000円751,057円
    プロミス17.8%58回13,000円746,160円
    オリックス銀行17.8%118回9,000円1,061,971円
    auじぶん銀行17.5%91回10,000円902,155円
    セブン銀行15.0%79回10,000円789,500円
    クレディセゾン
    マネーカード
    15.0%48回14,000円666,447円
    住信SBIネット銀行14.79%48回14,000円663,020円
    北洋銀行カードローン
    (スーパーアルカ)
    14.70%78回10,000円778,578円
    楽天銀行スーパーローン14.5%78回10,000円771,542円
    みずほ銀行カードローン14.0%76回10,000円754,720円
    イオン銀行カードローン13.8%75回10,000円748,277円
    りそな銀行カードローン12.475%71回10,000円709,214円

    上に表を見て気づいたかと思うけど、カードローン返済で大きな違うを生み出すのは、「支払回数」と「約定返済額」。

    その2つの関係性を簡単にあらわすと以下のようになる。

  • 支払い回数が多い=約定返済額が低い
  • 支払い回数が少ない=約定返済額が高い
  • 実際に金利が低いものであっても、支払い総額が大きくなるのが支払い回数が多くて、約定返済額が低いカードローン。

    約定返済額はカードローン各社が独自に金額を決めている。このルールによって支払う総額が決まるので、金利ばかりに目を奪われている場合じゃないというのが分かったのではないだろうか。

    50万円のカードローン借入でもなかなか返済が減らない理由

    50万円という金額はカードローンでは少額融資の扱い。でなければ、上限金利になる理由が見つからない。

    ただ少額融資であってもなかなか返済が減らないと悩む人も実際にいる。その原因は高金利だからではない。本当の原因は、「元利均等払い」という返済方式にある。

    この元利均等払いというものでは、元金=あなたが借り入れした50万円がなかなか減らない特徴がある。よく言われる利息だけ支払って元金が減らないという仕組みだ。

    そしてほとんどのカードローンが元利均等払いを採用している。それはなぜか?

    答え)単純に儲かるから。。。

    ではなるべく早く元金が減るようにするにはどうすればよいのか?

    それには有効手段が1つある。

  • 約定返済額よりも多く支払うこと
  • その有効手段について詳しく解説していく。

    約定返済額よりも多く支払う

    さきほどカードローン会社が約定返済額=毎月の最少返済額を決めていると話した。つまり言われた通りに支払いをしていては、損をする可能性が高まる。

    かならず約定返済額分だけを支払わなくければいけない決まりはない。もしも約定返済額以上に多めで返済したらどうなるのか?

    1つは、カードローン会社が舌打ちする。で、もう1つは、支払総額がかなり減る。

    どれくらい違いが出るのかを比べてみた。

    借入50万円で約定返済額通りの支払いと多めに返済の違い
    金利18.0%のカードローンA社
    条件約定返済額通りの支払い多めに返済
    月の返済額(最大)13,000円18,000円
    金利年利18.0%年利18.0%
    支払回数58回37回
    支払総額751,057円651,629円
    利息金額251,057円151,629円
    差額99,428円0円

    毎月5千円多く支払ったら(36回✕180、000円)、最終的な支払いが99,428円も少なく支払いが済む。

    たまにこのからくりをみて、「でも180、000円多く払っているからでしょ?!」という人もいる。いや、多くは払っていない。結局は約定返済額通りの支払いも180、000円は同じく支払っている事に気づいて欲しい。

    ようするに、収入の中から早く支払っているのか、遅くゆっくり支払っているのかの違いしかない。そして早く支払うことで99,428円も得するということ。

    いかに約定返済額以上に多めで返済することが得するのか分かったと思う。この99,428円分稼げなかったことに対して、カードローン会社が舌打ちするのも今なら納得できるだろう。

    50万円以下でカードローンから借入するときの戦略

    ここまでの話の流れを踏まえて、どのカードローンを選ぶのか考えていこう。今回だけしか借り入れをしないというならば、金利差のことはあまり考えずに『融資までのスピードが早い』や『借りやすい』、『返済が面倒でない』などの希望条件で選ぶべきだ。

    逆に、これから先も融資を利用する予定なら話は変わってくる。なぜなら利用を続けていれば必ず増額融資の勧誘をされるからだ。そうなってくると初めての時に比べ、金利優遇がされる。なので増額融資後の金利がお得なところの目星をつけ、申込むという戦略が必要になってくるんだ。

    初めて借り入れする人におすすめなのが、『無利息期間を設けているカードローン』になる。たとえば、レイクALSAでは併用はできないが選べる無利息期間が用意されている。※1

    ※1.30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息と併用不可。60日間無利息はWeb申込限定。ただし、契約額200万円を超えると、30日間無利息が適用。5万円まで180日間無利息は契約額1万円~200万円まで。初めてなら初回契約翌日から無利息適用開始。無利息期間経過後は通常金利適用。※商号:新生フィナンシャル株式会社 ※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号

    レイクALSA貸付条件:満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、ご利用できます。※お取引期間中に満71歳になられた時点で新たな融資が停止となります。融資額:1万円~500万円、貸付利率(実質年率):4.5%~18.0%※貸付利率は契約額および利用残高に応じて異なります。利用対象:満20歳以上70歳(国内居住の方、自分のメールアドレスを持っている方、日本の永住権を取得されている方)遅延損害金(年率):20.0%、返済方式:残高スライドリボルビング方式・元利定額リボルビング方式、返済期間・回数:最長8年、最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回)※融資枠の範囲内で追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は借入れ及び返済計画に応じて変動します。必要書類:運転免許証など※収入証明(契約額に応じて、レイクALSAが必要とする場合)、担保・保証人:不要※貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。※レイクALSAが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関:日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター※契約には所定の審査があります。※2018年4月現在

    どれだけ無利息期間(60日間全額無利息)が得なのかシミュレーションしてみると、

    「レイクALSA」と「りそな銀行カードローン」の返済の違い
    条件レイクALSAりそな銀行カードローン
    月の返済額(最大)14,000円10,000円
    金利年利18.0%年利12.475%
    支払回数50回71回
    支払総額686,421円709,214円
    利息金額186,421円209,214円
    差額0円22,793円
    レイクALSA
    金利実質年率 4.5%~18.0%
    契約極度額1万~500万円
    最低返済額4,000円~
    審査時間申込み後、
    最短15秒で審査結果を表示
    融資時間最短即日
    レイクALSAを選ぶポイント
    チェック 申込み後、最短15秒で審査結果を表示!
    チェック WEBで最短60分融資も可能!
    チェック 初めてなら借入れ全額60日間無利息か借入れ額5万円まで180日間無利息のどちらか選べる無利息サービス実施中!※1
     申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合がある。21時(日曜日は18時)までの契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く。
    ※1.30日間無利息、60日間無利息、180日間無利息と併用不可。60日間無利息はWeb申込限定。ただし、契約額200万円を超えると、30日間無利息が適用。5万円まで180日間無利息は契約額1万円~200万円まで。初めてなら初回契約翌日から無利息適用開始。無利息期間経過後は通常金利適用。※商号:新生フィナンシャル株式会社 ※貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
    ここまでのまとめ
    ここまで50万円をカードローンで借り入れしたい人が納得のできる借入先を見つけられるように、また借り入れした際に損をしない返済方法を解説してきた。

    お金を借りるという行為のため、言われるがままに返済をしていては、あなたはずっと損をすることになる。

    自分から考え、行動しお得な取引とするために何ができるかをもうあなたは知っているハズ。

    あとはそれを実行するのみ!